社会保険制度を知り、生命保険料を節約

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

社会保険制度を知り、生命保険料を節約

 

人生には4つのリスクが隠れています。

 

「万一の死」「病気・ケガ」「障がい・介護」「老後」これらのリスクに対し、国が一定程度社会保障制度により保障してくれています。

 

 

 

社会保険制度を理解して、生命保険に加入

もしくは見直しをすることで

余分な保険料を省けることもあります

 

 

 

 

社会保険は、社会保障の分野のひとつで、国民が生活する上での疾病、高齢化、失業、労働災害、介護などの事故に備えて、事前に強制された国の保険にはいることによって、事故が起こった時に生活を保障する仕組みです。

 

 

生命保険は、社会保険制度による保障の不足分を補う目的で各個人がニーズにあった生命保険会社を選択して加入します。

 

 

社会保険制度とは

 

 

日本の社会保険制度には、
「公的医療保険」「公的年金」「介護保険」「雇用保険」「労災保険」の5つの分野があります。

 

 

その中でも、民間の生命保険選びで関係するのが「公的医療保険」「公的年金保険」の2つになります。

 

 

公的医療保険とは、
加入者やその家族など(被扶養者)が、医療の必要な状態になったときに、公的機関などが医療費の一部負担をしてくれるという制度です。

 

 

公的な医療保険は、会社員などが加入する「健康保険」と、自営業者などが加入する「国民健康保険」で保障内容が異なります。

 

公的医療保険の加入対象者
健康保険  会社員など
船員保険  船員
共済組合  公務員、教職員
国民健康保険  自営業者、専業主婦など(上記以外)

 

 

勤務先により異なる健康保険の保証内容とは

 

 

会社員が加入する健康保険。
その中でも、中小企業の会社員が加入する「協会けんぽ」と、
大手企業等の社員が加入する「健康保険組合」とでは、
保障内容が異なります。
 
 
そのため、一度自分が加入している健康保険の種類やサービス内容を、確認してみるとムダな保障を削ることが出来ます。

 

 

医療保険選びのコツ

 

入院や手術に備えた保障内容となっている民間の医療保険は、
「公的医療保険だけでは不足する分を補う」という目的で選ぶことが重要になります。

 

 

また、現在加入している医療保険が終身であるか確認することも重要となります。

 

 

保険プランによっては80歳以降になり医療保険がなくなってしまうケースもあります。
その年齢から医療保険に加入すると、保険料がかなり高くなりますので、
一度、保険証券の確認をしておくと良いです。

 

 

公的年金とは
老後の生活の基礎的部分を保障するための制度です。

 

おもに下記の3種類で構成されています。

公的年金の種類と加入者
国民年金  日本国内に住む20歳以上60歳未満の人
厚生年金  厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する人
共済年金  公務員、私立学校教職員など

 

 

 

公的年金を考えた死亡保険や個人年金保険を選び

 

加入している公的年金の種類によって、老後の保障も遺族への保障も、大きく異なります。
民間の死亡保険や個人年金保険は、「公的年金だけでは不安な部分を補う」という目的で加入するのであれば、終身保険、養老保険がオススメです。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方