実は簡単、生命保険は3種類

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

実は簡単、生命保険は数種類

 

生命保険にはいろいろな種類が多く迷ってしまうと思っている方がいます。
しかし、実は生命保険の種類は3つになります

 

定期保険

 

養老保険

 

終身保険

 

 

 

これら3種類の内いずれかひとつ、メインの保険(主契約)として加入します。
そして、必要があればオプションの保険(特約)を組み合わせるだけなのです。

 

そのため、この3つの意味を理解すると保険の見方が変わります

 

 

定期保険・養老保険・終身保険のメリット・デメリット

 

 

定期保険

 

 

一定期間を保障するという内容の掛け捨て保険

 

 

 

このような方にオススメ

年間に支払う保険料を少しでも小さくしたいけれど、
保障は大きくほしいというような環境の方

 

メリット

デメリット

保険期間内は高額保障が受けられる

 

満期まで保障は充実

掛け捨ての保険

 

満期を迎えると保障は終了し、満期保険金もなし

 

貯蓄性はなし 

 

注意点

 

保障期間が終わってさらに続ける必要がある場合はその年齢での保険料で更新しないといけません。
更新時には、その年齢に見合った保険料になりますので、保険料が上がるということを頭に入れておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

養老保険

 

 

契約者が死亡した時の死亡保障、自分が生きていた場合に満期となった時に満期保険金が支払われる保険  

 

 

 

このような方にオススメ

死亡した場合に、残された家族に困らない保障を残したい。生きている内は、生活に困らない貯蓄もしておきたいという両方の願いを取り入れたい方

 

 

メリット

デメリット

貯蓄と保障が両立できる 

 

満期までの間に亡くなった場合には死亡保険金が受け取れる

 

満期時に生存していた場合には満期保険金を受け取れる

定年になってからの無保険状態がある

 

特約をつけるとそれが掛け捨て部分となるので、元本割れしてしまう

 

保険料が高い

 

注意点

 

特約に医療特約を付けた場合、掛け捨ての部分も支払うということになるため、さらに保険料が上がります。
 

 

 

 

終身保険

 

本人に万が一の場合があっても、必ず保険金を受け取ることのできる保険

 

 

 

このような方にオススメ

保険料は高いが一生涯で死亡した場合は、遺族への保険金が支払われたい。また満期になった場合は、解約して老後の年金に置いておきたいという方

 

 

メリット

デメリット

一生涯、保障が継続
 
亡くなった場合に死亡保険金を受け取れる
 
途中で解約をしても、解約返戻金を受け取れる
 
個人年金としても使える

保険料金がい
 
定期保険のような高額保障ではない

 

注意点

 

保険料は高いため、置かれている環境などを考慮したほうが良い

 

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方