ココだけは押さえたい生命保険証券の見方

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

ココだけは押さえたい生命保険証券の見方

 

保険証券とは保険契約を証明する書面で、契約した保障内容や期間、保険料などが記載されている重要な書類になります。

 

 

しかし、意外にも保険証券の見方がわからない人は大勢います

 

 

見方がわからないと思った、あなた安心してください。
今までに見方を教えてもらえなかっただけなのです。

 

 

ここでは、保険証券の中身が簡単に分かる見方を説明します。

 

 

 

その中で押さえておきたい保険証券7つのチェックポイントです。

 

 

保険種類

 

 
終身保険、定期保険、養老保険など保険の種類が記載されています。

 

 

契約日・契約年齢

 

 

保険を契約した日付と保険契約年齢が記載されています。

 

 

証券番号

 

 

保険契約に固有の番号で、保険会社はこの契約番号をもとに保険契約を管理しています。
問い合わせをする時などに必要となります。

 

 

保険金・給付金

 

 

契約した保険金や給付金の額が記載されています。
主契約の保障と特約の保障が記載されています。
 
 
特にココをしっかり理解することで現在、どのような契約内容であるのかがわかります。

 

 

 

 

見方としまして
1.主契約が終身保険で死亡保険金として100万円支払われます。

 

2〜5にかけては特約の定期保険となり年齢制限があることがわかります

 

2.3は65歳までの年齢制限があることがわかります。

 

4.5は80歳までの年齢制限があることがわかります。

 

 

注意点
この入院特約プランでは80歳以降には入院特約がなくなってしまうことがわかります。
80歳以降となると病院へ入院される方が多くなります。
そのため、医療保障を今のうちから考え直すことで後々、余分な保険料を支払わずに済みます。

 

 

保険料

 

 

支払う保険料の額や支払期間が記載されています。
主契約の保険料と特約の保険料、合計保険料と分けて記載されています。

 

 

 

保険契約者・被保険者、保険金受取人

 

 

保険を契約した方の氏名
 
保険の対象者である被保険者の氏名
 
保険金受取人の氏名
が記載されています。

 

重要な項目の一つです。
間違いがないか十分確認が必要です。
結婚した時は保険受取人の名義変更をしましょう

 

 

解約返戻金

 

 

解約返戻金というのは契約を解約した際の精算金のことです。

 

 

これは保険種類や加入時期によって、全く無い場合もあります

 

 

ご自身の保険証券を一度、確認して見て下さい。

 

 

経過年数ごとの解約返戻金額が記載されています。

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方