生命保険を見直すタイミングはいつなのか?

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

知っておこう!生命保険を見直すタイミングはいつなのか?

 

生命保険の見直しを行うタイミングとしては、必要保障額が大きく変化するようなライフイベントがあったときが挙げられます。

 

 

しかし、その前にしておきたいのが、今加入している保険の内容を理解することです。

 

 

ライフイベントが起きたからといって、今まで加入していた
生命保険をすべて解約して、新しく加入しなおす必要はありません。

 

 

今加入している保険の内容を理解し、ライフイベントの変化後も継続して良いものは継続し解約して良いものは解約するなど整理をすることが大切です。

 

 

それを踏まえたうえで
5つの生命保険を見直すタイミングを紹介します。

社会人になったとき
結婚したとき
子供が生まれたとき
住宅ローンでマイホームを建てたとき
子供が社会人になったとき

 

 

 

社会人になった時の保険選び

 

 

社会人になった時はご自身で万一のために生命保険に加入される方が多い時期です。

 

 

また、すでにご両親が生命保険に加入してくれているケースもあります。

 

 

そのため、
まずはご両親にあなたの名義で生命保険に加入しているのか確認しましょう

 

 

もし加入していれば、現在加入している生命保険はどのような保険であるのか把握することから始めてみましょう。

 

 

把握するポイント

死亡した時の保証はいくらか?

 

病気やケガ、手術で入院した時の保証はいくらか?

 

 

 この2つの項目になります。

 

 

それからご自身で加入したい生命保険を検討していきます。

 

 

保険を検討するうえでの注意点
   必要な保障の優先順位

病気やケガにより入院・手術をしたときの保証

 

死亡した時のお葬式代などの保証

 

将来に向けての貯蓄計画

 

 

 

この3つの項目の中で優先順位を決め、保険の選択をしていくとスムーズにいきます。

 

 

ポイント

保険の優先順位は年々変わってきます。
そのため現在、独身の方は病気やケガにより入院・手術をしたときの保証を手厚くして
いくと良いでしょう。

 

 

 

 

結婚と出産で保険の見直し

 

 

独身のときには、医療保障中心の考え方でした。

 

 

しかし、家族を持つことで生活費や教育費などの死亡保障を考えなければなりません。

 

 

結婚や出産を機に保険を見直す方は大勢いらっしゃいます。

 

 

特に、女性は妊娠後に医療保険を申し込みした場合、部位(特定疫病)不担保などの条件がついたり、申し込みできない保険もあるので、出産に備えて加入を考えられる場合は妊娠前に医療保険に加入しておくことを考えた方が良いでしょう。

 

 

それまで入っていた生命保険で十分な場合、保険金受取人はご両親になっている場合があります。
配偶者に変更しましょう

 

 

基本的には、子供が生まれることで必要になる保障については、
子供が生まれてから考える方が保険料の無駄を省けます。
 

 

そこで考えなければいけないのが、万一の時の生活費教育費です。

 

 

そのため、主な働き手の死亡保障を手厚くしておいた方がいいでしょう

 

 

 

マイホームを建てたときに生命保険の見直し

 

 

住宅ローンを組むと、ほとんどの場合
同時に生命保険に入っていることをご存知でしたか?

 

 

それが、団体信用生命保険(団信)です。

 

 

 

団信信用生命保険(団信)とは
 

住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです

 

 

 

多くの民間金融機関は団信の加入を住宅ローン借入れの条件となっています。
この場合、保険料は金利に含まれているため、別途に保険料支払いはありません。 

 

 

そのため、加入している生命保険の保障を抑えることで保険料金を抑えることができます

 

 

注意

一部の民間金融機関では、団体信用生命保険への加入が任意となっています。
もし加入せずに借りた場合は、死亡保障額を大きくしておいた方がよいでしょう

 

 

 

子供が社会人になったときの見直し

 

子供が成人するまでの期間は
終身保険+定期保険で備えている方が多いようです。

 

 

しかし、一般的に子供が成人することで今後の養育費や生活費の心配も減ってきます
そのため、この時期に定期保険を見直し、余分な保険料を抑えることができます

 

 

保険見直しの鉄則
 

新しい保険の契約が成立してから、前の契約を解約するのが鉄則となります。
新しい保険を申し込んでからではないので気をつけて下さい。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方