20代、30代の独身女性が生命保険に入っていないのはマズイ?

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

20代、30代の独身女性が生命保険に入っていないのはマズイ?必要性はある?

そもそも生命保険に入る必要はあるのでしょうか?

 

独身のときは必要ないのでは?

 

 

そう思っている人も多いかもしれませんので生命保険について紹介していきますね。

 

 

生命保険と聞いてイメージすることは?

 

 

「自分が死んだ時に保険金が出る商品」と思う人は多いと思います。

 

私もそうでしたので・・・

 

 

しかし、生命保険は大きく分けて3種類あります。

万が一に備える死亡保障の保険(みなさんのイメージが多い保険かな?)

 

病気やケガに備える医療保障の保険

 

資金を作るための貯蓄型の保険

 

主にこの3種類に分かれます。

 

 

独身女性にとってどれが必要でしょうか?

 

 

もちろんどの保険も加入していればもしもの時に役立ちますよね。
必要性が高いものから紹介していきましょう。

 

 

独身女性として医療保障の保険は検討するべきだと思います。

 

特に20代の独身女性の方は加入をおすすめします。

 

若いときに加入すれば金額も高くないので手頃でしっかりした保障の商品が見つかると思います。

 

 

もしもの為にお守りの感覚で加入してはいかがでしょうか?

 

医療保障には、医療保険・がん保険・介護保険などがあります。
医療保険やがん保険などは毎月の支払いも安く済む商品がありますので加入しやすい保険ですよね。

 

貯蓄がない人は加入することをおすすめします。

 

 

もしも病気やケガをしたとき、会社を休んでしまい有休がなくなれば収入は減りますよね。
症状にもよりますが、休みが長期化になれば収入ゼロにもなりかねません。

 

そんな時医療保険に入っていれば、入院費や手術費の保障がありますので助かりますよね。

 

 

最近では、女性向けの医療保険も人気です。

 

女性向けには、子宮内膜症や子宮頸がん、乳がんなどの女性特有の病気にかかった場合、さらに手厚い保障が受けられるというものです。

 

掛け捨ての医療保険なら毎月の支払いは負担をかけずに少ない金額で出来る商品もありますので検討してみてはいかがしょうか?

 

 

死亡保障の保険は必要性としてはそこまで高くないです。

 

今すぐではなく、まだ先の話でも良い保険です。

 

死亡保障は家族を養う人に向けられた商品が多いです。
亡くなった時1000万も保険金がおりる定期保険や収入保障保険などは独身女性には基本的には不要ではないでしょうか?

 

 

自分が死んだときに、身内にお葬式代の負担をかけたくないからという理由で200万ほどの保険に入る人もいますが、十分な貯蓄があれば、万が一の時はその資金をつかうことが出来ます。

 

 

最低限の死亡保障のある生命保険に加入しても良いかもしれませんが、今すぐ検討するべき保険かというわけではないですね・・・

 

 

貯蓄型でしたら、個人年金保険や養老保険など、かけたお金が将来戻ってくる保険もありますので貯蓄が苦手な人はおすすめかもしれません。 

 

30代の独身女性の方なら検討されてはいかがでしょうか?

 

 

仕事も落ち着き余裕資金があれば毎月の積立感覚で加入するのも良いと思います。

 

もちろん20代の方も加入出来ますし、口座から自動振り替えで貯蓄出来るメリットがありますので、知らない間に貯蓄出来ます。

 

中には死亡保障がついている商品などもありますよ。
ただ、途中で解約をすると元本保証がないというリスクがありますので余裕資金があれば検討してはいかがでしょうか?

 

 

このように生命保険には独身女性にとって必要かどうかは、ご自身の収入や貯蓄の状況で変わると思います。

 

 

そんな時は、一度相談されてみてはいかがでしょうか?
プロの話を聞いてみると新しい発見があるかもしれません。
無料で相談出来ますよ。

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方