高額療養費制度

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

高額療養費制度とは?

みなさん、高額療養費制度をご存じでしょうか?

 

聞いたことはあるけど詳しく分からない方も多いと思います。

 

私も医療保険商品の見直しをするときに詳しく調べました。

 

医療費をたくさん使っている人でないと必要性のない制度ですからね。

 

でも、自分が病気や事故で何か起きた時、この制度は知っておくべきだと思います。

 

 

 

高額療養費制度とは

 

高額療養費制度

月の初めから終わりまでの医療費が高額になった場合、一定の自己負担額を超えた部分が払い戻される制度です。

 

健康保険証を病院で使うと、自己負担額は通常なら3割負担ですよね。

 

しかし、長期の入院になってしまった場合など、通常の3割負担でも家計の金銭面での負担は非常に大きくなります。

 

その場合、医療費が高額になる可能性があるので、1カ月の上限を定めている制度になります。
高額療養費制度は収入によって自己負担限度額が異なります。

 

 

気をつけないといけない注意点として、
高額療養費制度では、差額ベッド代、食事代、保険外の負担分は対象となりません

 

 

利用方法としては、2つの方法があります。

 

入院費用の支払いの前に手続きをする

事前に高額療養費制度の手続きをしておくことで、
入院費用の支払いが通常3割負担ではなく、自己負担限度額の負担で済みます。

 

入院費用の支払いの後に手続きをする

通常の3割負担分の入院費用を支払った後で、手続きをすると、
約3カ月後に支払った金額から自己負担限度額を差し引いた分が支給(還付)されます

ちなみに、70歳以上の方は、事前手続きは不要で、入院時の窓口負担は自己負担限度額までとなっています。

 

少しでも自己負担額を減らすには、「入院費用の支払いの前に手続きをする」ことが望ましいですよね。

 

私の身内も長期入院時、この制度のおかげで金銭面では本当に助かりました。
もしものために知っておくべき制度だと思います。

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方