入院時の保険

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

入院した時に思ったのが生命保険の見直しをやっていて良かった。

病気や不慮の事故で入院すると、仕事も出来なくなり収入も減り更には入院費がかかってきます。
私の場合は数ヶ月前に見直しを行っており、日額1万円が支払われるアフラックの医療保険に加入していました。
そのため、足を骨折した時は助かりました。

 

更に高額療養費制度により自己負担額が少なくなったので、経済面は助かりました。
ですので社会の制度や自分が加入している保険の内容も確認しておくと良いと思います。

 

また、社会の制度で高額療養費制度についてご紹介します。

 

 

高額療養費制度とは

 

公的医療保険における制度の一つで同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

 

 

ただし入院時の食事代や保険の対象とならない差額ベッド料などは支給の対象外となります

 

 

また高額医療費と思いがちですが、正式には高額療養費制度です。

 

 

自己負担限度額は70歳未満、70歳以上75歳未満、75歳以上でそれぞれ計算方法が異なります。

 

 

70歳未満の自己負担限度額計算方法
 

所得区分

自己負担限度額

標準報酬月額が83万円以上

252,600円+(10割相当医療費-842,000円)×1%

標準報酬月額が53万円以上83万円未満

167,400円+(10割相当医療費-558,000円)×1%

標準報酬月額が28万円以上53万円未満

80,100円+(10割相当医療費-267,000円)×1%

標準報酬月額が28万円未満

57,600円

市区町村民税の非課税者世帯等

35,400円

 

 

70歳以上75歳未満の自己負担限度額計算方法
 

所得区分

外来療養(個人自己負担額)

外来+入院(世帯自己)

標準報酬月額が28万円以上

44,400円

(10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円

一般(標準報酬月額が28万円以下で低所得に属さない方)

12,000円

44,400円

低所得II(市町村民税非課税者等)

8,000円

24,600円

低所得I(判定基準所得がない者)

8,000円

15,000円

 

 

75歳以上の自己負担限度額計算方法

所得区分

一部負担

外来(個人)

自己負担限度額

課税所得145万円以上の人

3割

44,400円

(10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円

一般人

1割

12,000円

44,400円

低所得II(市町村民税非課税者等)

1割

8,000円

24,600円

低所得I(世帯全員が市町村民税非課税で所得が一定基準(年金収入80万円以下等)を満たす人)

1割

8,000円

15,000円

 

75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度といった、独立した医療保険制度となります。
また65歳以上75歳未満で一定の障害があると認定された高齢者も後期高齢者医療制度に加入となります。

 

 

後期高齢者医療制度では一人ひとりが被保険者となるため、健康保険の被扶養者だった人も被保険者となります。

 

 

高額療養費の申請手続き

1.医療機関の窓口でいったん医療費の自己負担分(3割)を全額支払う
 
2.1か月の自己負担分が限度額を超えた場合、高額療養費の支給申請をする
 
3.保険者から、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻される

 

高額療養費の申請には医療機関が発行する領収書が必要となります。
そのため、受け取った領収書は大切に保管しておいて下さい。

 

 

高額療養費の払い戻しまでの期間は?

 

払い戻しは、医療機関等から提出される診療報酬明細書(レセプト)の審査を経て行いますので、診療月から3ヵ月以上かかります。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方