知ってると得する生命保険料金の目安

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

知ってると得する生命保険料金の目安

 

生命保険料金は「毎月、わずか7500円。保険料負担は1日わずか250円です。」などと謳い文句でインターネットやテレビコマーシャルで宣伝を行っている保険会社を目にすることがあります。

 

 

しかし、その金額がパッと見は安いように見えます。

 

 

ですが現在、自分の収入にとって適した金額であるのかどうか、わからない時は自分の月収の何%が生命保険料金にあたるかを計算してみることをオススメします。

 

 

 

 

一般的に『生命保険料金の目安』としては

 

 

独身なら月収の3%以下

 

家族がおられる場合でも月収の5%以下

 

  に収まる程度にすると良いです。

 

 

更に保険料金を「月額」ではなく「総額」で考えることをオススメします。

 

 

なぜ生命保険料金を『月額』ではなく『総額』で考えるのか?

 

そもそも生命保険料金が月7500円の場合、金額もそれほど大きくないため「入っておくと、なんとなく安心」と考えたり、「将来何があるのかわからないため特約をつけておこう」と考えになってしまいがちです。

 

 

その考え方こそが無駄な保険料を支払う羽目になってしまいます。

 

 

ですが総額で考えると

月額7500円の場合では

 

7500×12か月では年9万円
30年間保険料金を支払うと考えると270万円となります。

 

しかし、無駄な特約を外すことで月額7000円になるとすると

 

7000×12か月では年8万4000円
30年間保険料金を支払うとすると252万円となります。

 

上記の金額と比べると18万円の節約ができます。

 

 

更に生命保険を見直しを必要とするケースがあります。

 

二重に保険料金を支払っているようなケース
 
必要だと思えるような特約でも、お金がもったいないケース

 

 

 

二重に保険料金を支払っているようなケース

 

 

『例えば』 

ガン保険に加入しているのに、医療保険のがん特約や特定疾病特約に加入している。
 
介護保険に加入しているのに、医療保険の介護特約に加入している。

 

 

このようなケースでは二重に保険料金を支払っていることになりますので、
一方を解約することで保険料金はグッと抑えられるはずです。

 

 

必要だと思えるような特約でも、お金がもったいないケース

 

 

まず不要な特約を解約したり、過剰になっている保険金額や保障期間を見直すことが重要です。

 

 

『例えば』 

医療保険の入院日額を1万円から5千円にする(高額医療費制度があるため)

 

 

このように社会制度を活用する考え方を持ちながら、過剰に支払っている保険料を見直すことでかなりの保険料金を抑えることが可能になってきます。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方