生命保険を安くする方法

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

知ってた??生命保険を安くする方法

生命保険を安くする方法として健康割引があります。

 

内容としては「健康割引」 「優良運転手割引制度(ゴールド免許割引)」 「非喫煙者割引」の3つの生命保険料割引があります。

 

 

健康割引・非喫煙者割引・優良運転手割引(ゴールド免許割引)制度の3つは「リスク区分型」保険と言います。

 

 

これは、健康な人・タバコを吸わない人・ゴールド免許ドライバーは他の人と比べて死亡率が低くなります

 

 

そのため、死亡保険金を支払う可能性も低くなるため、保険料が割り引きされます

 

割引としては1割〜2割程度の割引が行ってくれます。

 

 

3つの割引基準

「健康割引」
 
「非喫煙者割引」
 
「優良運転手割引制度(ゴールド免許割引)」 

 

 

 

生命保険の優良体割引基準

 

生命保険の優良体割引には3つの審査基準があります。

BMI測定

 

血圧測定

 

各保険会社の引き受け基準

この3つを満たすものになります。

 

 

  BMI測定

 

計算式BMI= 体重(kg) ÷ { 身長(m)の2乗 } (小数点第2位を四捨五入)

 

 

18.0< BMI指数 < 26.5

 

 

各保険会社により数値は異なってきますが、
大体この範囲内に収まっていると対象となります

 

 

例えば
体重77sで身長177cmの方の場合
77÷(1.77×1.77)=24.6となります。

 

 

24.618.0以上26.5未満で基準範囲内のためクリアとなります。

 

 

 

 血圧測定

 

 

  最高血圧139mmHg以下 

  最低血圧89mmHg以下

 

 

 各保険会社により数値は異なってきますが、
 大体この範囲内に収まっていると対象となります
 

 

 

 

 各保険会社の引き受け基準を満たすもの

 

 尿検査など会社所定の引き受け基準がありますので、
 一度各保険会社に確認してみる良いです。

 

 

 

生命保険を安くしたい方へ

 

生命保険を更に安くしたい方には非喫煙者割引優良運転者割引制度があります。

 

ここではこれらの基準を説明していきます。

 

 

生命保険を安くする非喫煙者割引の基準

 

過去1年〜2年の喫煙期間がない方が対象となります。

 

 

各医療機関で検査を受けることになります。
検査内容としては尿検査、唾液検査などを行います。

 

 

非常に精度が高く、半年くらいでは反応が出ます

 

 

完全に反応しなくなるには1年を要するので、禁煙期間が1年以上と定めているといわれています。

 

 

※ニコチンガムや葉巻を嗜んでいても反応しますので、ご注意下さい。

 

 

生命保険を安くする優良運転手割引制度(ゴールド免許割引)の基準

 

この割引は各保険会社により

 

 

ゴールド免許、自動車保険の12等級を持つ方が対象となります。

 

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方