がん保険を選ぶ4つのポイント・注意点

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

がん保険を選ぶ4つのポイント・注意点

がん保険とは

 

「がん(癌)」のみを対象として保障する保険

 

 

がん保険の主な4つの内容

 

がんと診断確定されたときに支払われる「診断給付金」
 
通院日数に合わせて支払われる「入院給付金」
 
所定の手術を受けたときに支払われる「手術給付金」
 
通院日数に合わせて支払われる「通院給付金」
 

 

注意事項

 

一般的にがん保険は、契約後、3ヶ月はがんになっても保障が受けられません。

 

この理由として、自覚症状がなく、健康状態の告知段階では本人も「知らなかった」というケースや「がんが発病したかもしれない」と不安になった人ががん保険に加入したがるケースがあります。

 

そのため、保険を悪用されないために免責期間があります。

 

 

 

がん保険と医療保険の違い

 

 

がん保険

医療保険

 支払対象

がんのみ

 病気、ケガ

支払限度日数
(入通院)

なし(無制限)

 あり

(商品により異なる)

保障内容

入院・手術だけでなく診断、通院保障、先進医療、抗がん剤、放射線治療などの治療保障

 

入院・手術の保障

 

 

 がん保険加入率

 

男性40.2% 女性35% 30代以降の加入率は40%
(生命保険文化センターのH25年度「生命保険に関する全国実態調査」)

 

 

がん治療の3大療法

 

がんの告知を受けた方に示される治療方法は、
基本的に「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3種類があります。

 

 

手術療法

がんの病巣を切除し、その臓器の周辺組織やリンパ節に転移があれば、一緒に切り取ります。

 

早期のがんや、ある程度進行しているがんでも、切除可能な状態であれば、手術療法が積極的に行われます。

 

 

科学(薬物)療法

抗がん剤によってがん細胞を死滅させたり、増殖を抑えたりする治療方法です。
抗がん剤の投与方法は、点滴や注射、内服です。

 

血液を通して全身をめぐるため、ごく小さな転移にも効果があります。
一方、脱毛、吐き気、倦怠感、しびれ感など、副作用の症状や、肝臓や腎臓、造血器官などへの障害が避けられず、患者さんにとってつらい治療になりがちなのが難点です

 

 

放射線療法

がんの病巣部に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる局所療法です。

 

治療前の検査技術や照射方法の進歩によって、がんの大きさや位置を正確に測り、その部分だけに集中的に照射することが可能になって、効果は格段に向上しています。

 

がん診断給付金・一時金の比較ポイント

 

がんと診断されても給付金が受け取れない8つのパターン
 

上皮内新生物が保障されないタイプの保険だった
 
保険の責任開始日前にがんと診断された
 
保険契約の前にがんを発症していた
 
保障内容の条件を満たしていない
 
告知義務違反があった
 
保険の契約が失効していた
 
重大事由や免責事項に該当していた
 
 給付金を請求していない

 

 

がん診断一時金2つの比較ポイント

 

がん保険の中心となるのががん診断給付金です。

 

 

医療保険と違いがん保険の場合、
診断された時点で100万円などの一時金が支払われます。

 

 

この一時金の給付が比較ポイントとなります。
診断給付金は以下の2つのことを注意してください

 

 

1回のみの支払いと複数回支払いはどちらがお得?

がん診断給付金が1回しか支払われないものと複数回支払われるものがあります。
がんは治療期間が長くなります。

 

そこで1回で終わってしまうのか、それとも2年に1回支払われるかはがん保険を選ぶときに重要な比較ポイントです。

 

複数回支払われるものの方がお得になります。

 

 

 

上皮内新生物でも診断給付金は対象となるか?

 

がんは大きく分けると悪性と上皮内に分かれます。
悪性の場合はすべてのがん保険で支払われますが、
上皮内の場合は給付金が出なかったり、減らされたりします。

 

特に女性特有のがんは上皮内と診断されるケースも増えてきていますので、
上皮内新生物でも診断給付金が対象となるものを選ぶことをオススメします。

 

 

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方