20代からの生命保険選び

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

20代からの生命保険選びで気をつけること

 

 

20代になると就職して社会人の仲間入りとなります。

 

 

そして、『何か1つ生命保険に加入しおくと良い』と両親や保険会社セールスマンから言われたことがあると思います。

 

 

しかし、

20代にとって最適な保険プランとは何なのか?

 

 

まず考えなくてはいけないのが20代のあなたが病気にかかったり、ケガをしたりして亡くなる確率が、どれほどあるのかということです。

 

 

ちなみに60歳までの死亡率を見ると、10%未満となります。
そのため、ほとんどの人は60歳まで生きるということです。

 

 

20代の生命保険加入率

 

 

男女とも20歳代では50%程度となっています。

 

 

多くの20代が加入している生命保険の種類

 

定期保険

53%

終身保険

39%

個人年金

15%

養老保険

12%

 

上記以外はいずれも10%未満という結果です。

 

 

ここで一番知っておいて欲しいことがあります。

 

それは先ほども書きましたが、60歳までの死亡率は10%未満であること、そして20代の多くの方が加入している定期保険は掛け捨て保険であるということです。

 

 

20代ではあまり収入は多くありません。
しかし、定期保険に加入していると月々数千円から1万数千円支出しています。

 

 

定期保険は掛け捨てのため60歳まで何もなければその金額は返ってきません。

 

総額すると数百万になってきます。

 

 

汗水たらして働いて得た収入ですが、定期保険に加入することにより60歳まで元気でいれば戻ってこないのです。

 

しかし、終身保険や養老保険は戻ってきますので、もし加入するのであれば終身保険・養老保険がオススメになります。

 

 

20代の保険で重要になるのが医療保険

 

医療保険でも終身医療保険に加入することをオススメします。

 

 

ではなぜ終身医療保険なのか?

 

それは年齢が若ければ加入時の金額が安く、生涯その金額で済むということです。
30代、40代で加入すると金額も高くなります。
益してや80代で加入すると20代の時の10倍ほどの金額になります。

 

 

80代で加入する人がいるのか?と思われる方もいますがいるのです。
これからの時代は長寿社会であるため、医療保険は終身に加入することをオススメします。

 

 

また、医療保険は単独で加入することもできます。
まだ生命保険は要らないという方の場合でもオススメです。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方