学資保険は必要?

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

学資保険は必要?評判が良いお得な学資保険とは?

 

学資保険(こども保険)

学資保険(こども保険)は教育資金の積み立てで、ご両親にもしものことがあった時には保険料免除で満期金は全額もらえるという教育資金確保のための保険です。

 

 

 

学資保険(こども保険)には2種類あります。

貯蓄型

保障型

保険料を払い貯金のように増やす目的とした学資保険

 

貯蓄目的以外の保障が付かないため、返戻率が高い

貯蓄性の他に、医療保障や育英年金保障を目的とした学資保険

 

貯蓄以外の保障があるため、返戻率は低い

 

多くの方が学資保険に加入される場合は、大学進学時の教育資金が目的となります。
そのため、学資保険に加入に辺り気をつけたい点としては返戻率です。

 

 

返戻率が多いお得な学資保険の決め方3社

 

アフラック 『夢見るこどもの学資保険

 

ソニー生命 『5年ごと利差配当付学資保険 I型

 

日本生命 『ニッセイ学資保険

 

 

 

アフラックの場合

 

受取総額300万(基準学資年金額100万) 0歳加入 保険料払込期間18歳払済

 

月々13030円×12か月×18年=保険料金総額281万4480円

 

返戻率は106.5% 18万5520円お得

 

 

 

ソニー生命の場合

 

受取総額160万(基準学資年金額100万) 0歳加入 保険料払込期間18歳払済

 

月々7040円×12か月×18年=保険料金総額152万640円

 

返戻率は105.2% 7万9360円お得

 

 

 

 

日本生命の場合

 

受取総額300万(基準学資年金額100万) 0歳加入 保険料払込期間18歳払済

 

月々12620円×12か月×18年=保険料金総額272万5920円

 

返戻率は110% 27万4080円お得

 

 

 

3社の学資保険は返戻率がかなり高く、銀行に預金するより断然お得になります

 

 

保障型の場合

 

医療保障や育英年金保障を目的とした学資保険のため返戻率が低くなります
元本割れするものもあるため気をつけて下さい。

 

また、お子さんが健康で万が一の入院時に必要とされる時の費用ですが、
お住まいの自治体での医療費助成があるところでは医療保障は必要ないかもしれません

 

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方