生命保険の解約返戻金

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

生命保険に加入するなら、得する解約返戻金を知ろう!!

 

生命保険を解約した時にあれだけ保険料を払ったのに、戻ってくるのはこれだけなの?」といった経験をしたことはないですか?

 

 

商品によっては解約返戻金に差が生まれてきます。
保険の種類によっては100万以上の差があるものもあります

 

 

このような内容は、万一、解約せざるえない状況になった時に知っておくと得をする情報になってきます。

 

 

また、年数が経過すれば、その返戻率が上昇し、それまでに支払った保険料の累計を上回るケースもあります。

 

 

このような場合は生命保険に加入しながら、利益が出るのですごくお得になります。

 

 

その解約返戻金は生命保険契約時に決まりますので、どれぐらいの率で戻るのか確認しておくと良いです。

 

知っておきたい!!
解約返戻金が多い保険種類少ない保険種類

 

解約返戻金額が多い保険 解約返戻金額が少ない保険

終身保険

 

養老保険

 

学資保険

定期保険

 

医療保険

 

ガン保険

 

 

生命保険を解約した場合、解約返戻金が払い戻される期間とは? 

 

生命保険の解約は解約請求書類が本社に届けられた時点で解約になります。

 

 

重要ポイント
解約請求書類を担当者に渡しただけでは解約になりません。
多いケースとして、担当者がすぐに本社に届けずに解約請求書類を持っているケースです。

 

そのような場合は解約にならないため、
月を跨ぐ場合は保険料が引き落とされてしまいますので気をつけて下さい。

 

 

当月中であれば返還もできますが翌月に掛かってしまう場合には引き落とされた保険料の返還もできない恐れがあります。
それに加え、解約返戻金にも殆ど反映されません。

 

 

時間が掛かると言われても、保険会社本社のカスタマーセンタなどに
渡した日にちから何日解約に掛かるのかを問い合わせた方が賢明です。

 

 

このケースでのクレームは多いので、担当者に保険料金が引き落とされない期間に書類を本社に提出してくださいと一言添えて渡されると良いです。

 

 

何の不備もなければ、書類本社到着後は2〜3営業日以内に振込み完了となります。

 

 

解約返戻金には税金はかかるのか?

 

生命保険の解約返戻金は所得税の一時所得になります。

 

一時所得の金額は、受け取った解約返戻金から保険料合計額を差し引いた後、さらに50万円の特別控除を差し引いた金額となります。

 

一時所得の金額= 解約返戻金−払込保険料合計額−50万円×1/2

 

 

課税の対象となるのは、さらにその一時所得の金額を2分の1にした金額となります。

 

つまり、

解約返戻金が払い込んだ保険料合計額よりも少ない場合

 

解約返戻金が50万円を超えない場合

 

 

これら2つの場合は受け取った解約返戻金には税金がかかりません。

 

 

ですから、解約返戻金に税金が掛かるということは非常に少なくなります。

 

 

生命保険に契約をするときに解約返戻金を説明されていないケースがよくあります。

 

わからない場合は保険会社のコールセンターで確認してみましょう!!

 

 

中には解約返戻金がない商品や少ない商品もあります。

 

理解して保険に加入している場合は問題ありません。

 

 

しかし、そうではない場合は
保険会社に説明を求めるとともに見直しを検討してみるのも1つの方法となってきます。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方