生命保険の保障期間の決めには2つの考え方が必要

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

生命保険の保障期間の決めには2つの考え方が必要

 

生命保険には死亡保障・医療保障の2つがあります。
その保障期間を決める上でまず考えなければならないのが、必要保障額になります。

 

 

必要保障額とは

 

死亡保険で準備しておきたいお金の目安金額のことです。
 

 

必要保障額(保険金額の目安)の考え方

 

 

 

 

教育費の目安として

 

すべて公立に通うなら約1,000万円、すべて私立の場合は約2,400万円必要となってきます。
そのため、万が一のことがあっても教育費や生活費を十分に確保できるような保障を考えることも必要です。

 

 

 

死亡保険の保険期間は「定期型」と「終身型」、どっちがいいの?

 

生命保険文化センターの調べより

毎月の支払い額が同じ1万円の場合で終身型の保険と定期型の保険を比べると、
定期型の保険の方が約7倍の保障を得られることがわかっています。

 

 

 

なぜ7倍の保障の開きがあるのか?

 

それは、定期保険が掛け捨て保険だからです。

 

現在、65歳までの生存率は約90.2%ということがわかっています。
そのため、不慮の事故、病気で亡くなる方は10%未満になってきます。

 

この数字よりわかることとしては65歳までの死亡率は10%未満のため、
      7倍以上の保障をつけても生命保険会社は損をしないという事が言えます。

 

 

なので
ここで考えて欲しい死亡保障としては

 

終身保険=65歳まで90.2%生存するため、貯蓄性のある保険を選択
 
定期保険=10%未満になるが、不慮の事故、病気で亡くなった時の保障を選択
 

 

で考えていくと良いでしょう。
中には定期付終身保険といったような終身保険+定期保険が一緒になった保険もあります。

 

 

同じ保険料金でも保険期間の払い方を考えるだけでも生涯の保険料は安くできます。
 

 

 

 

同じ内容のプランでも保険期間の更新年数により10万近くの差額が出てきます

 

 

10年更新のメリット

20年更新のメリット

10年ごとに更新するタイプは、総額の払込保険料は多いですが、若いときの月額保険料負担を低くおさえることができる。

同じ保障(保険金)の場合、保険期間を長期に設定したほうが総額の払込保険料は安くできる。
 

 

 

 

医療保障の期間の選び方としましては終身保障を選ぶと良いでしょう。

 

なぜか?
保険の内容によっては高齢になってから医療保障がなくなってしますプランもあります。
 
 
注意点

高齢になると病気になる確率がグッと上がり、入院するケースも増えるのですが、その時に医療保障がないために少ない年金の中から多額の保険料を支払はなければなりません。
 
また、今後のために医療保険に入り直す方もいらっしゃいますが、多額の保険料を支払わないといけなくなるケースもあります。

 

 

 

そのため、若い時に加入しておくと一生涯、低額の保険料で保障が受けられます。

 

 

もし、あなたの医療保障がいつまで保障されているのかわからない場合は保険証券を確認すると保障期間がわかりますので、ご確認してみて下さい。

 

 

必要保障額は見直せますので、
家族構成や経済状況、住居の形態、お子さまの進学など、変化により適正な保障内容も変わってくるため、その時々に保険を見直すと保険料の節約、必要な保障内容を見つけることが出来ます。

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方