意外に払っている保険料!払込期間を考える

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

意外に払っている生命保険料!払込期間を考える

生命保険料は高齢になると保険料が高くなります。

 

保険料が高くなる理由は、
病気になる確率が高くなる、死亡する確率が高くなる。

 

 

この2つの要因があります。

 

 

また60歳以降より保険に加入すると、保険料が割高になります。
この要因としてはどうしても加入期間が短くなるためです。

 

 

これらの要因から払込期間を考えていくと総支払額が大きくなります。そして、生活にも負担がかかってきます。

 

 

それで生命保険の払込期間を考えるなかで気をつけなければいけないことは、
老後の負担、総支払額、解約返戻金などの優先順位を決めると言うことです。

 

 

それはなぜか?
保険料は支払っていく期間により総額数百万にもなってくるからです。
また月々の保険料や、老後の生活にも大きく影響してくることをこの機会に、覚えておいてください。

 

 

生命保険の保険料は期間や支払い方により月払い保険料が変わってきます。

 

 

払込期間から見る生命保険のメリット

 

払込期間を長くするか?短くするか?

 

 

長期払いの場合

 

保険期間中はずっと保険料を支払い、その間保険料は変わりません。
例えば、60歳満期の場合には、60歳まで保険料を払います。
 
メリットとして
毎回の保険料負担が軽い

 

 

 

短期払いの場合

 

保険期間の途中で保険料の払い込みが完了します。
例えば、保険期間が終身の保険の場合に、60歳で保険料の払い込みが完了し、その後は保険料を払わずに保障だけが残ります。
 
メリットとして
収入のある期間に保険料を払いきり、その後の保険料負担を無く老後を過ごすことができる。

 

 

 

 

月払いするのか?年払いにするのか?

 

 

月払いのメリット

 

月の保険料を安くしたいのであれば長く払い続けます。
月々の家計の負担が減らせる。

 

 

年払いのメリット

 

保険料の払込みを年払いにした場合には、月払いよりも少し保険料が割安となる場合があります。
 
総支払保険料をできるだけ抑えたいのであれば、払込回数を減らす方法があります。
 

 

 

将来、保険を見直す予定があるかどうかを考慮したうえで、保険料の払込期間を選びましょう。

 

 

退職後の生命保険料の支払いの不安

 

生命保険の払込期間を65歳にされている方が結構います。
 
現在、ほとんどの会社は60歳定年だと思います。
そのため、定年後5年分の保険料をどうのように支払いをしようかと悩まれる方が大勢います。
 
今後の生活もあるため、不安が残るようでしたら退職時に退職金の一部を充当する方法加入前から60歳での払い込みプランにすることをオススメします。
 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方