生命保険の基本的な構成のカラクリ

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

生命保険の基本的な構成のカラクリ

 

生命保険は言葉が難しく複雑で分からないという方が大勢います。
しかし、実は3つの基本型と構成で出来ています。

 

 

3つの基本形

死亡保険
生存保険
生死混合保険

 

 

3タイプの保険を組み合わせたもので出来ています。

 

 

死亡保険

 

 

被保険者が病気や事故などで死亡した場合に保険金が支払われる生命保険です。

 

 

契約から一定期間の死亡を保障する「定期保険」と、被保険者の生涯にわたり死亡の保障を行う「終身保険」の2つがあります。

 

 

生存保険

 

 

被保険者がある一定期間生存していた場合に保険金が支払われる生命保険です。
老後の資金に備えるという、貯蓄という部分を中心にした保険です。

 

 

生存保険の種類としては貯蓄保険や個人年金保険、変額年金保険、こども保険などがあります。

 

 

生死混合保険

 

 

死亡保険と生存保険を組み合わせたものです。
ある一定期間中に被保険者が死亡した場合には死亡保険金が支払われ、ある一定期間まで被保険者が生存していた場合には満期保険金が支払われる保険です。

 

 

代表的なものに「養老保険」があります。

 

 

主契約と特約の構成
生命保険の構成はベースとなる部分の「主契約」と、そこにオプションとして「特約」をつけるというものです。

主契約定期保険・養老保険・終身保険

 

特約定期保険特約・収入保険特約・三大疾病特約など

 

 

特約は各種あるので、あなたのニーズにあった方法で組合せるのがベストとなります。

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方