生命保険新規加入での注意点

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

生命保険の新規加入での3つの注意点

 

生命保険,新規加入

生命保険選びは一度加入するとそれで終わりと思っていませんか?
 
それは注意した方が良いです。
 
なぜなら、時間をおいて見直しを行うことで余分なお金を節約できます。
 
 
また生命保険に新規加入を考えている方で、多い悩みが種類が多く迷ってしまうということです

 

 

そのため、見直しする場合にしても新規加入する場合にしても、
まずは生命保険の仕組みを簡単に知っておきましょう。

 

そうする事で選び方が大きく変わってきます。

 

 

それは、なぜかと言うと・・・
年月が経つと取り巻く環境が変わってきます。

 

 

現在の保証では、
残された家族が不安だと思う方
更にはもっと生命保険保険料金を抑えたいと思う方も出てくるためです。

 

 

そこで、まず知っておきたい

 

 

生命保険選びの大切な3つのポイント

 

貯蓄性タイプ or 掛け捨てタイプ

 

死亡保障選び

 

医療保障選び

 

 

 

貯蓄型生命保険と掛け捨て型生命保険はどちらが得?

 

生命保険の加入は家を買うに次いで高い買い物になります。
まず生命保険を考える上で貯蓄型生命保険掛け捨て型生命保険のどちらが良いのかをじっくり考える必要があります。

 

私の場合、最初は保険外交員のオススメする月額が安い掛け捨てタイプに加入していました。
ある時、生命保険の仕組みを知りました。

 

その時に生涯の生命保険料金を計算したところ、500万円損をすると知ったために貯蓄性の生命保険に加入しなおした経験があります。

 

 

貯蓄性の保険は、保険料は高いものの、最終的に戻ってくるタイプ

 

掛け捨ての保険は、保険料が安いものの、最終的にはあまり戻ってこないタイプ

 

 

大きくはこの2つのタイプに分かれます。

 

 

貯蓄型タイプと掛け捨て型タイプにはメリット・デメリットがあります。

 

自分はどっちのタイプに加入したいのかをまずは考えることをオススメします。

 

この選択には正解はありません。
そのため、どちらが良いのかは各個人の生命保険の考え方により違いが出てきます。

 

 

あなたはどちらのタイプ??

 

貯蓄型タイプ

掛け捨て型タイプ

一生涯の保障を必要としたい方

 

保険を貯金と考える方

死亡保障はいらないので
若い時の一時的な保障で良い方

 

自分の貯蓄でなんとかできる方

 

保険料を安く抑えたい方

 

 

掛け捨てタイプは定期保険

 

 

貯蓄型タイプは終身保険
 

 

2つの支払う生命保険料を比較

終身保険の特徴

定期保険の特徴

貯蓄型のため、保険料が高い

 

保険料はずっと同じ金額

掛け捨てのため、保険料が安い

 

10年区切りで保険料が上がる

 

《例えば》
 
30歳女性が30年間加入した場合。
 
同じ保険会社で扱っている定期保険と終身保険が2つあります。
 
 
保障内容は、両方同じ500万円
死亡・高度障害になったときに保険金が支払われるという内容です。
 
 
終身保険と定期保険で比較すると

終身保険

定期保険

30年間加入

 

保険期間 保険料金 合計
30歳から30年 10455円 3763800円

 

30年間で総額376万3800円支払ったことになります

10年ごとに更新しながら30年間加入
 

保険期間 保険料金 合計
30歳から10年 1190円 142800円
40歳から10年 1805円 216600円
50歳から10年 3355円 402600円

30年間で総額76万2000円支払ったことになります

 

 

 

保険料金を比較してみると、
終身保険の方が5倍以上の保険料を支払っていることがわかります。

 

 

この数字を見て、終身保険はこんなに払うのか?と思われた方もいると思います。
しかし、数字に騙されないでください!

 

 

ココがポイント

定期保険は掛け捨てのため、30年の間に亡くならなければ76万2000円は失ってしまいます

 

終身保険は貯蓄型のため、30年の間に亡くならなくても376万3800円は戻ってきます

 

それどころか、利息が付いて払い済み後に即解約した場合、
契約例がサイトに載っていましたが、返戻金額が400万1000円に増えて戻ってくるのです。

 

 

生命保険の裏側を暴露!

男女とも60歳になるまでに死亡する確率は10%以下です。

 

そして死亡率が急激に上昇するのは、男女とも70歳を超えてからということがわかっています

 

ところが日本で過去に売られてきた生命保険では、60〜65歳になるまでの保障が手厚い反面
それ以降は保障が手薄になる商品、設計のものが多いという現状があります

 

 

そのため、生命保険会社は60歳までの定期保険を多く紹介する事で
掛け捨て分の保険料が保険会社の利益になるという裏側があります。

 

 

一度、ご自身で保険証券を確認して定期保険の場合は生涯の保険料金をどれだけ支払うのかを計算してみることをオススメします。
 
 
保険証券の見方がわからない場合は、コチラで保険証券の見方をわかりやすく説明しています。

 

 

また、ファイナンシャルプランナーに相談をのってもらうという手もあります。
そのような方はインターネットで保険の見直しを無料で行ってくれる会社を見つけましょう。

 

 

そのような会社を活用して、アドバイスを受けるのも1つの手です。

 

 

生命保険に旦那が入っていない場合の選び方

 

生命保険にまだ加入しないしていない方もいます。
独身の場合では、加入していなくても大丈夫な部分もあります。

 

ですが、結婚した場合は話が違ってきます。
旦那さんが入っていないと万一のときに事故でお亡くなりになった場合、保障がない上に多額の医療費やこれからの生活費が必要になってきます。
お子さんがおられる家庭では養育費や食費なども成長盛りになれば加算で来るものです。

 

ですので、まずは生命保険の中でも死亡保険についてご説明します。

 

死亡保険とは
もし、あなたに万一の事が起きた時、ご遺族に残すお金になります。

 

 

死亡保険は貯蓄タイプ掛け捨てタイプで考え方が変わってきます。

 

 

死亡保障としてはお葬式代・生活費・教育費3つの保障となります。

 

 

具体的には3つのパターンに分けられます。

未婚の人の場合、お葬式代

 

既婚の人(子供がいない)の場合、お葬式代・生活費

 

既婚の人(子供がいる)の場合、お葬式代・生活費・教育費

 

 

これは生活環境により必要な保障内容が変わってきます。
しかし、3つのパターンを考えることで死亡保障は補えます。

 

《例えば》
 
20代6歳の子供がいる家庭の場合
 

掛け捨てタイプをオススメする方

貯蓄タイプをオススメする方

子供にこれからお金がかかるため、保険にはあまりお金をかけたくない方

 

万一のため死亡保障で保険に入っておきたい方

老後の事を考え、保険料は少し高いが頑張って貯蓄をしたいと考えている方

 

2つの考え方が出てきます。

 

 

これには正解はなく、ご自身の生活環境により考え方は変化してきます。

 

 

そのため、まずは6つの質問を考えてみて下さい。

 

どのような保障をして欲しいのか?(死亡保障では3つ中でどれが必要なのか)

 

いつまで保障して欲しいのか?(期間・年齢)

 

いくら保障して欲しいのか?(死亡保障の金額)

 

いくらの保険料だと払えるのか?(安い保険料、高い保険料)

 

いつまでに払い終わるのか?(年齢)

 

いくら戻ってくるのか?(貯蓄タイプの場合)

 

 

これを紙に書きだすことで、今あなたにとって必要な保障が見えてきます。

 

 

それにより、まずは掛け捨てタイプにするのか貯蓄タイプにするのかを決めてから
死亡保障はどのようにするのかを考えるとスムーズに決まります。

 

 

また、その内容をFPに相談することで的確なアドバイスをもらえます。

 

 

 

60歳以降を考えた医療保険の選び方

 

60歳までは仕事もバリバリと行ってきたので勢いもあり、活き活きとしていた人も、60歳からのことを考えると医療保険の選び方を考え直す方もおられます。

 

 

保険外交員が激白!!

 

65歳以降の高齢者の中には保険が満期で終了したために医療保険も終了した方がいます。

 

大体の方は医療保険のみ加入しなおします。

 

60歳以降に医療保険に加入すると保険料は高くなります。

 

そのような保険の特徴としては終身付医療保険に加入されている方です。

 

このような保険に加入している方は一度、加入している保険会社に連絡して内容を確認された方が良いです。

 

 

医療保険が満期で終了した場合には再度、医療保険に加入される方もいます。
ですが、保険料が随分と高くなってしまいます。

 

少ない年金で高い医療保険を支払わないといけなくなってきます。

 

 

また、保険の見直しをするうえで気をつけたい事として
死亡保障と医療保障がセットだと解約時に医療保障が影響をうけてしまいます。

 

 

そのため、医療保険は単体で加入することをオススメします。

 

 

逆に医療保険を残したいから見直しは辞めるということは、後で損をするためオススメできません。

 

 

年代別3つの医療保障の傾向

 

医療保障としては病気ケガ・ガン・介護の3つの保障に分けられます。

 

ですが、年代により医療保障のタイプが異なってきます。

 

 

具体的には多い3つのパターンとして

20代30代の場合、病気ケガ

 

40代の場合、病気ケガ・ガン

 

50代60代の場合、病気ケガ・ガン・介護

 

 

各年代により必要な医療保障が違ってきます。

 

 

日本のトップ4死亡原因

 

 

日本の3大死因 (悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)、そして肺炎を加えた4つが大きな死亡原因となります。

 

 

65歳以上の5割以上の方がこの病気でお亡くなりになります。
しかし、入院してからお亡くなりなるまでの入院費用が必要です。

 

 

 

入院で医療費はいくらかかるのか?

 

 

病気になって入院をした場合、平均値を見ると、自己負担額は1回の入院で22万7,000円
一日平均では21,000円となっています。

 

 

医療保険を選ぶ際には、こうした数値を参考に、自分に合った保障を考えていくことが大切です。

 

 

病院で高額な医療費を抑える方法として

高額な医療費を支払ったときは高額療養費で払い戻しが受けられます

 

高額療養費とは
病院などの窓口で支払う医療費を一定額以下にとどめる目的で
一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

 

医療費が高額になることが事前にわかっている場合、70歳未満の方は「限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。

 

 

このような、社会制度を活用することで医療費を抑えることが出来ます

 

 

また、公的な医療保険が適用とならない、差額ベッド代や先進医療などは、全額自己負担となります。
これらを中心に医療保障を考えると良いです。

 

 

医療保障の考え方として

公的な医療保険が適用とならない、差額ベッド代や先進医療などを中心に考える。

 

医療費の心配をせずに治療に専念できる保障を基本に考える。

 

この2つが重要になってきます。

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方