30代からの生命保険選び

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

30代からの生命保険選び

 

30代になるとライフスタイルにも変化が出てきます。
そのため、生命保険を選び直そうとする方が多くいらっしゃいます。

 

 

家庭を持ち始める方、出産により新しい命が誕生している方が20代よりも多くなってきます。

 

 

平成25年人口動態統計月報年計より第1子出生時の母の平均年齢が約30歳と言われています。

 

 

 

そのようなライフスタイルの変化により多くの方が考えることとしては
「自分の身に万一の事があれば、家族の生活費や子供の養育費はどうなってしまうのか?」と言うことです。

 

 

そして、生命保険に加入する方や見直す方が多く出てきます。

 

 

30代からの生命保険選びで知っておきたいポイント

 

将来の子供の有無で今後のライフプランはかわる

 

万一のことがあり、残されたご家族、お子さんが成人するまでにかかる教育費の負担がポイント

 

長期入院による家計への影響も考慮しておく必要がある

 

養っている家族がいないのであれば、死亡保障を充実させておく必要性はない

 

 

 

既婚者・独身30歳からの医療保険と死亡保険の見直し方法とは?

 

30代の生命保険加入率は80%と言われています。
ですので既婚者・独身の方が生命保険見直しで気をつけたいポイントとして

 

死亡保険

 

医療保険

 

この2つがほとんどであると思います。

 

死亡保険

 

既婚の方は大黒柱に万一のことがあった時の家族の生活費、教育費の保障と考えると良いです。
万一の場合ですが、65歳までに死亡する確率は10%以下とうデータがあることを頭の片隅においてください。
そのため、死亡保障は終身保険の額を中心にして考えると良いです。

 

 

このようなデータがあります。

 

30代男性・女性の生命保険加入金額(生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」より)

 

死亡時に支払われる保険金額

男性:平均2323万円
女性:平均946万円

 

男性の方は女性と比べると倍以上の金額になるように保険をかけているいる方がほとんどです。
ですが、上記のような数千万〜数百万の保険金が支払われる確率は数%になります。

 

医療保険

 

一度加入したら、保険料が一生変わらない終身保険をベースに考えましょう。
※たまにあるのが80歳を過ぎてから医療保険に入ろうとする方がいます。

 

このような場合、30代で加入すると場合と比べ10倍近い料金を月々支払わないといけなくなりますので、お気を付けください。

 

 

 

女性の場合

 

女性疾病は若い方に多いです。
そのため、妊娠時のリスク等を考えると、妊娠する前の加入をお勧めします
そして、女性疾病特約ですが、1日入院1万円の医療保険に加入していれば、ほぼ入院費用はカバーされると思います。そのため、加入するかしないかはFPや保険相談員にご相談されると良いです。

 

 

 

独身30歳からの生命保険選び

 

死亡保険

 

大きな保障よりも、終身保険をベースに、貯蓄をしながらの保険選びが良いと思います。
保障額は、お葬式代程度での考えで良いと思います。保障額よりも、貯金できる額で保険料を決めてみましょう。

 

 

 

医療保険

 

既婚者の場合と同じ一度加入したら、保険料が一生変わらない終身保険をベースに考えましょう。
 

 

 

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

関連ページ

30代女性医療保険の選び方
30代女性が考える医療保険の選び方について実体験をもとにご紹介しています

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方