30代女性医療保険の選び方

生命保険を比較することで驚愕の値段が節約

保険料金が節約でき、ベストな保険を選んでくれる。

これが500万円節約した方法です

30代女性が考える医療保険の選び方

今まであまり関心がなかった医療保険。

 

とりあえず入院、手術の保障の掛け捨ての安い保険料で毎月支払っているから心配ないだろう。
そう思っていませんか?

 

30代女性医療保険選び方

気づけば30代・・・
友達との会話で今まで話題にもならなかった保険の話。

 

そろそろ見直しが必要なのかな?
と思うようになる人は多いようです。

 

でも、いろんな商品があるし自分にあった保険を見つけるのは難しいですよね。

 

そもそも今、医療保険に入る必要があるのか?と思っている人も多いと思います。

 

結論から言えば、
貯蓄が十分あれば医療保険に入る必要はないですよね!
でも実際何か自分にあった時、せっかくコツコツ貯めてきた貯蓄を崩さなければなりません。

 

 

独身女性なら老後の為の貯蓄、既婚女性なら家族に金銭面で負担をかけることになります。

 

医療保険に入っていれば、もしもの為に貯蓄を守ることが出来ますよね。

 

私は医療保険に入る必要性はあると考えます。

 

 

特に女性は、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性特有のがんになるリスクが30代であがるため、30代後半では死亡原因の1位になっています。

 

しかし、20代で加入するより保険料は高くなりますので見直すのも慎重に!病気になってからでは手遅れです!

 

 

保険マンモスで相談した私の体験談

 

 

保険マンモス体験談 

 

私は「保険マンモス」で相談しました。

 

やはり、プロの意見は参考にしたいですよね。

 

友人に加入している保険を聞いたりもしましたが、「保険マンモス」で相談をすれば分からないことも詳しく教えてくれます。

 

この10年間、医療保険の内容は大きく変化しています。

 

保険料の値下げ傾向や保障内容の見直しが行われています。

 

7年以上前に契約した人は見直しをするか再検討をおすすめします。

 

 

今、30代の方は新社会人になって加入した保険がそのままという状態が多いのでこの機会に見直すには最適かと思います。

 

私も今30代ですが、今回見直すにあたって保障内容がこんなにも違うものなのかと衝撃でした。

 

毎月の支払金額が多少あがったとしても将来的に長い目でみれば保障内容の良い保険商品に変更するメリットはあると思います。

 

これまでと同じ保険商品はもったいないと思います。

 

しかし、掛け捨てはもったいないと考える人も多いと思います。

 

でも今は低金利時代ですので解約返戻金を期待する商品を探すより、
保険料を安くした分で運用や貯蓄にまわせばいいと思います。

 

どの保険に入ればいいのか?
問題は選び方ですよね。

 

私は終身医療保険をおすすめします。

 

私の友人は明治安田生命の「ベストスタイル」に加入しているのですが、
10年で更新する保険商品なので10年後に保険料が高くなってしまう可能性があります。

 

出来ればせっかく見直す機会ですし、保険料は出来るだけ上げたくないですよね。

 

「保険マンモス」で私の希望にあった商品は、
東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit NEO女性プラン」でした。

 

最近女性には人気のある商品だそうです。

 

他にも三井住友海上あいおい生命「&LIFE新医療保険A(エース)」もすすめてくれました。

 

「保険マンモス」ではたくさんの保険商品から自分にあった商品をいくつか選んでくれるので参考になると思います。
一度相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

これが生涯の保険料金を500万円安くした方法です

知っていると、生命保険選びで迷いません。

これが、生命保険選びで500万節約した方法です。

関連ページ

30代からの生命保険選び
30代からの生命保険選びをお考えの方に情報を発信しているサイトです。

ホーム
トップページ 生命保険の仕組み ファイナンシャルプランナー 保険証券の見方